--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/02/2009    姉の気持ち(挙式編)
週末、私の実の弟の結婚式でしたウエディング

1年以上前から、婚約をしていたので
姉としての心の準備をする時間は、十分にありました。
(姉としての心の準備って何だ!?と、お思いでしょうが・・・下記をご覧いただければ分かるかと)
なので、当日の朝もあまり実感の無いまま迎え
慌しく、家を出ました。

実母と二人でヘアメイクや着付けをしていたときも
「わー、プロにやってもらうと違うね~コスメ

なんて、はしゃいでおりました。


受付をし、親族紹介、そして挙式がスタート。
立派にバージンロードを歩き、すっかり大人になった弟の姿にちょっぴり感激し涙
聖歌、指輪交換、署名などを経て
クライマックスは誓いのキスキスマーク

この時、自分でも予想しなかった感情が

なんと私は

『奪われたーガーン』と思ったのです。

そう、私のかわいい弟を新婦に奪われた!です。
実の姉が言うのもなんですが、弟はなかなかのイケメン
幼い頃から、姉弟二人でいても女の子の私より
弟の方がまっ先に、『まー、かわいいお子さんね~』って言われていました。
更に、今ではとーっても心優しく気の利くいい子なのです。
披露宴で司会の人が言ってましたが、
記念日毎に、花束をプレゼントしていたんですって。
私も、そんな旦那様がよかった。


そんな私のかわいいかわいい弟が
新婦に奪われたことを、実感させられた誓いのキスでした・・・。

その後式は、滞り無く終了し
フラワーシャワー桜散っちゃった親族写真カメラ披露宴へと続きました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。